介護に関する情報が満載!

介護現場の将来性

介護現場の将来性

近年では日本のみならず世界中で高齢化社会が深刻化しています。
当然ながらお年寄りが増えることになり、それは健康な人のみならず、寝たきりの人や認知症を患った人なども増えることになるでしょう。
そのため、介護の現場は今以上に人手を要し、職務内容も増えることが予測されています。
それによって、職員の負担が過大となったり、介護の対象者を怪我させてしまったりするなどの問題点が増えていくことでしょう。
これらを解決するために、世界中において様々な対策方法が考え出されており、たとえば介護の現場にAIを搭載したロボットを採用したり、賃金の底上げが予定されたりなどが挙げられます。
また、人手不足を解消するために、職務に関するやりがいを世の中に伝えることや、問題点を理解してもらえるような活動をしてもらうことも重要になります。
現時点では、介護の現場における将来性は決して明るくはないという印象ですが、それは逆にこれからどんどん明るくすることができる、ともいえるでしょう。

介護現場とロボット導入

介護の現場で働く人の共通の悩みとして、腰痛があります。
立ち仕事で施設内を歩き回ることが多いですし、前かがみになって、利用者のおむつ交換や入浴介助を行うことは、腰に大きな負担を与えます。
近年では、その負担を軽減する目的で、ロボットの導入が始まっています。
腰から足にかけて専用の器具を装着し、負荷がかかった際に自動的に力を分散・補助してくれますので、介護職員は少ない力で利用者を抱え上げたりすることができます。
このロボットの普及が広まり、操作性の改良も加われば、腰痛ゼロを目指すことも可能になってくることでしょう。
また、認知症患者の症状改善に期待されている介護ロボットもあります。
一見はぬいぐるみのようですが、撫でたり話しかけたりすると、生き物のように瞬きをしたり、話し出したりのアクションを起こしてくれますので、認知症患者の気持ちを和やかにしてくれます。
このように科学の力は、介護現場で活躍の幅を広げています。

新着情報

◎2017/11/14

うつ病になりやすい人
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

良い介護施設を探す方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護保険の仕組み
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

認知症介護
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

家族の悩み
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

ASP型の介護ソフト
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

親の介護と老人ホーム
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

介護施設選びのポイント
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護における資格と経験
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の様々な仕事の内容
の情報を更新しました。

「介護 将来」
に関連するツイート
Twitter

Copyrignt © 2016 Helper System. All Rights Reserved.