介護に関する情報が満載!

介護保険の仕組み

介護保険の仕組み

介護保険は40歳以上の国民が加入する社会保険であり、65歳以上の介助が必要な高齢者を社会全体で支えるための仕組です。
日本では少子高齢化が進み、高齢者の単身世帯や高齢者夫婦のみの世帯が増えました。
また、共働きの家庭が増えたことにより、家族だけで高齢者の介護を行なうことが不可能となり、この制度が導入されました。
保険を利用するためには、まず役所に書類を提出し要介護認定の申請を行ないます。
認定には自立、要支援1から2、要介護1から5までの段階があり、認定された団塊に応じて利用できるサービスや利用できる金額が決められています。
利用できるサービスには老人保健施設や老人福祉施設に入ってサービスを受ける入所サービス、施設に通って機能訓練や食事、入浴などを利用する通所サービス、家庭で家事援助や身体介助が受けられる訪問サービスなどがあります。
利用料の負担は所得によって決まっており、基本は1割、所得が高い人は2割を負担することとなっています。

知っておきたい介護保険の知識

介護保険とは、日本の社会保険制度の1つで、自治体が支援や専門的ケアが必要だと認定した65歳以上の高齢者なら、誰でも受けられる保険サービスのことです。
国民が納めた保険料を財源としており、40歳以上になると、自動的に被保険者として介護保険に加入することになります。
多くの人は、介護保険は高齢者のための保険という知識しかありませんが、40歳以上で保険の対象となる特定疾病になった場合も利用できる制度です。
保険の対象となる特定疾病には、末期がんや関節リウマチや骨折を伴う骨粗鬆症、パーキンソン病や糖尿病性神経障害や脳血管疾患など16種類が指定されています。
介護保険制度を利用するには住んでいる自治体の窓口に申請をしますが、申請してから認定してもらうまで30日程度必要です。
認定には有効期間があり、初めて申請した年は6ヶ月で更新、その後は1年から2年ごとの更新が必要です。
受けられる保険サービスには毎月限度額が定められており、一般的には限度額を超えることは無いため、安心して利用できる制度です。

新着情報

◎2017/11/14

うつ病になりやすい人
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

良い介護施設を探す方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護保険の仕組み
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

認知症介護
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

家族の悩み
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

ASP型の介護ソフト
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

親の介護と老人ホーム
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

介護施設選びのポイント
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護における資格と経験
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の様々な仕事の内容
の情報を更新しました。

「介護 保険」
に関連するツイート
Twitter

Copyrignt © 2016 Helper System. All Rights Reserved.