介護に関する情報が満載!

介護施設選びで確認しておきたいポイントとは?

介護施設選びで確認しておきたいポイントとは?

介護施設選びのポイントは、特別養護老人ホームなどの場合は地域密着型か広域型施設か確認をします。
地域密着型の場合は、その施設所在地に住所地がないと入所する事は出来ません。
逆に広域型の場合は、住所地特例と言う形で全国どこの市町村に住所を有していても入所する事が出来ます。
また、平成26年度より介護施設の情報開示は必須となっているため、自宅に居ながら多くの施設の情報を入手する事ができるので、サービス内容や料金体系を比較検討する上では最も安易な方法になります。
更にポイントを挙げると、似たようなサービスや料金システムで入所施設を複数迷っている場合は、介護職員が多い施設を選ぶと良いです。
介護職員が不足している様な施設は、日々の業務が繁忙なため入所者に対してのケアも疎かです。
逆に職員が多い施設は入所者一人ひとりに対してのケアも親切丁寧な対応になる傾向です。
また、その施設にボランティアなどへ行っている知人がいれば、施設の雰囲気を聴いてみるのも良いです。
外部からだけでは分からない情報も入手できます。
施設選びは終身型が多いため慎重に考えて選ぶ事が大事です。

高齢者の入浴介護の注意点とは?

高齢者の入浴介護の注意点ですが、まずは高齢者、そして介護する人、両方の安全を確保することが挙げられます。
高齢者の方ばかりに気を配り、介護する人の安全が疎かになってしまい、アクシデントなどが発生してしまっては本末転倒です。
ですから、できれば浴室の段差を解消しておくとか、床に滑り止め防止のすのこなどを敷く、壁に手すりをつけることなどが望ましいです。
それから入浴の際には、その人の皮膚の状態を見ることもできます。
栄養状態が不足している人、横になっている時間が長い人などは、衣服に隠されている部分に褥瘡ができてることもあるので、皮膚状態を観察し、そこから健康状態などを見極めていくのも注意点です。
それからいくら入浴時とは言えども、肌を見せる必要があるとは言えども、その人の自尊心や羞恥心を守ることは必要なことです。
タオルをかけるなどして、肌の露出をできるだけ控えるような配慮はとりたいです。
またシャワーを浴びる際やお風呂に浸かる際は、介護をする人が先に温度を確かめるのも注意点です。
脱衣所と浴室の温度差にも、できる限りの配慮をしておきたいです。

新着情報

◎2017/11/14

うつ病になりやすい人
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

良い介護施設を探す方法
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護保険の仕組み
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

認知症介護
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

家族の悩み
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

ASP型の介護ソフト
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

親の介護と老人ホーム
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

介護施設選びのポイント
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護における資格と経験
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の様々な仕事の内容
の情報を更新しました。

「介護 ポイント」
に関連するツイート
Twitter

Copyrignt © 2016 Helper System. All Rights Reserved.